返済計画がなければ絶対にショッピング枠現金化を利用してはいけない

クレジットカードというのはディビットカードとは違います。

その違いは簡単です。

クレジットカードで買った商品は実は自身の決済が完了するまでは完全に自分のものではありません。

正確に伝えるとカード会社の持分になります。

ですから、支払が自身の決済が完了すまでは中古ショップやオークションなどで手放してはいけないことに規約上はなっています。

こういった利用規約などの情報はあまり知られていないのが実情です。

ではディビットカードはその場で登録口座から決済しれますから処理が完了した時点で自分の持ち物になりますので問題御座いません。

つまり、ご自分の口座にお金が振込まれていなければ買い物すら出来ないというわけです。

現金がなくても現金で支払をしている状況と全くかわりません。

クレジットカードというものが理解できましたでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠での買い物した商品はカード会社所有となります。

ブランド品などをクレジットカードで購入して転売するのも利用規約違反となります。

つまり、ショッピング枠現金化の業者にお願いしようが自身で現金化を行おうがどちらも同じ行為というわけです。

カード購入した物をオークションに出品しているのに「ショッピング枠現金化は犯罪だ」と行っているような人は全く根幹を分かってない人です。

この理解が乏しい人は詐欺に合ったり、最終的には騙されてしまったりする傾向が強いです。

実際にグレーゾーンといわれるショッピング枠現金化を理解しなければ大丈夫だと思っている行為で足元をすくわれてしまうかもしれません。

ですから理解を深め出来るだけ、クレジットカードなどの利用規約を確りと読み込むことが大切です。