やりすぎに注意しよう

ショッピング枠現金化はその便利さゆえに、使いすぎてしまうことが多いのも事実。
気をつけているつもりでも、思わず使いすぎてしまう人が多いのです。
複数のカードを持っていて、どれも限度額まで使ってしまうと、カード会社から後で届く請求書に記載された金額に驚いてしまい、どうやって返済したら良いのか頭を痛めることになるでしょう。
特に、フリーター、学生、主婦の方など毎月固定的に収入が得られない人にとって使いすぎは身の破滅を招きますから、気をつけてくださいね。

 

また、ショッピング枠現金化した品物を支払う時にもちょっと注意が必要。
リボ払いや分割払いを利用すれば大丈夫なのですが、金利の支払いを求められる方法を選択すると、ショッピング枠現金化の際の手数料+金利になるので、それほどお得とは言えません。
ですから、自分にとって一番お得に借りられる方法を探しましょう。
会社によっては、分割の回数が3回までなら金利がかからない場合もあるので、事前に調べておいてくださいね。

 

 

また、使用頻度に気をつけることも大切。
ショッピング枠現金化は、カード会社の規約では禁止されているので、見つかると罰則が課せられます。
例えば、カード現金化で利用した分を一括で返済するように通達される、クレジットカードの使用が停止されるなどです。
そして、カード会社のブラックリストにのってしまうと、今後資金を調達することができなくなってしまいます。
資金調達できずに自己破産してしまうと、社会的な信用を一気に失ってしまいます。
返せずに自己破産を選択した場合には、返済の義務はなくなるものの、生活する上での当たり前の権利が与えられないなど、リスクが高いことを決して忘れないでくださいね。

 

しかし、一説によると、クレジットカード会社もたくさん買い物をしてもらった方がお得なので、たくさん買い物をしてもそれほど厳しく取り締らないと言われています。

 

しかし、突然カード会社から罰則を受ける可能性もなくはないですから、不自然なまでに頻繁にカードを利用するのはやめておいた方が無難だと思います。